◆◇◆嫁入りの着物 2枚目◆◇◆

1愛と死の名無しさん2009-02-13 14:52:49

皆さんどんなものを揃えました?

ずっと使うものだからそれなりのものを、と思っていますが

予算的にどのくらいが適当なんでしょう?

差し支えないくらいでいいので教えて下さい

よろしくお願いします

前スレ

◆◇◆嫁入りの着物◆◇◆

hhttp://gimpo.2ch.net/test/read.cgi/sousai/1103463467/

2愛と死の名無しさん2009-02-13 20:46:20

即死防止。

>>1おつです。

3愛と死の名無しさん2009-02-13 20:57:15

>>1

乙です

23愛と死の名無しさん2009-02-19 16:02:23

>>21

他板の着物スレが荒れ気味だから、こっちで着物談義しようとしているんでしょ。

スレッドの主旨や掲示板の主旨を無視して自分に都合よく使っちゃうのは、

着物関連のスレッドや掲示板では良くあることだよ。

「着物好きの人ってKY」といわれるゆえんだね。

37愛と死の名無しさん2009-02-22 12:36:08

地域によっては喪服は白って聞いたな

39愛と死の名無しさん2009-02-22 13:54:45

>>37

うちの親戚は白です。少なくとも喪主夫婦は真っ白です。

弔問客や遠戚は洋装の方が多いですけど、身内は皆和装ですね。

若い未婚女性も(小学生くらいの子供も)黒尽くめの振袖です。@北陸

弔事の礼装は、地域や家によって習慣や認識がかなり違いますよね。

40愛と死の名無しさん2009-02-22 19:02:28

>>39

不謹慎だけど「今時貴重な古式ゆかしき雰囲気。見てみたい」と思った。スマソ・・

41愛と死の名無しさん2009-02-23 18:32:05

>>40

うん、振袖って初耳だ。

42愛と死の名無しさん2009-02-23 20:55:24

>>41

女流作家の随筆でも、幼い頃身内のお葬式にくす玉模様の黒地の振袖を着たって記述を読んだ事ある。

51愛と死の名無しさん2009-02-25 22:20:21

っていうか平均寿命からして夫はわかるけど子供に備えるってあんた。。。

53愛と死の名無しさん2009-02-25 23:46:15

>>51

珍しいことではないよ。息子・娘に先立たれる親は結構いる。

自分が若く子供が小さいうちは、ぴんと来ないかもしれないけど。

65愛と死の名無しさん2009-03-03 17:19:55

1つ紋色無地、訪問着、付け下げ・・・

どれか1枚なら、どれがいいのだろうか。

66愛と死の名無しさん2009-03-03 17:31:00

>>65

訪問着に一票。

67愛と死の名無しさん2009-03-03 17:39:48

>>65

色無地に一票。

76652009-03-03 23:59:04

>>66-75

皆さんありがとう。

付け下げが消えて、訪問着が有力かな。

やはり、柄は通年通して着られるベタな感じのものを選んだ方がいいんですよね。

実は色無地は、祖母の形見となったピンクのものがあり、

状態も良好なんで、できれば直して着たいんですが・・・

祖母と私の身長差が20cmのため、直せるかどうか微妙でorz

77愛と死の名無しさん2009-03-04 17:44:08

>>76

問題になるのはお祖母様との身長差じゃなくて、使われてる反物の幅。

昔の着物って反物の幅が狭く、今の人の体形だと裄を出せないことがよくあるので。

身長差がありすぎて丈が足りなくても、揚げを取らないとか、

最悪見えないとこに足し布でなんとかなります。

(ちなみに対丈仕立てにすると、丈は取れるけど着崩れしやすくなる)

78652009-03-05 17:56:22

>>77

教えてくれてありがとう。

着物詳しくないので、とても勉強になりました。

丈はどうにかなっても、裄がきつそうですね・・・

一度、お直ししてくれるとこ探して、見てもらおうと思います。

81愛と死の名無しさん2009-03-10 02:19:06

私は160くらいで市販のMサイズもOKだし母とは背が5cm差の裄が同じという

かなり恵まれた体格なんだけど、

祖母の形見分けの着物は仕立て直しに出したよ。

祖母は170以上も背があったもんだから、着れないことはないけどやっぱりブカブカ。

背が平均値でもこんなこともあるってことで。

82愛と死の名無しさん2009-03-10 03:16:39

>>81

おばあちゃん170cmってすごい高くない?!

今でも高いのに、昔の170cmって想像するだけですごいな。

スポーツ選手か何かだったんだろうか。

83愛と死の名無しさん2009-03-10 08:27:28

>>82

女学校時代はテニスの選手だったって。

庭にテニスコートがあったらしい。

あと契約してる近所の牧場に自分ちの牛がいて、

毎朝絞りたての牛乳飲んでたって。

栄養とって適度にスポーツして、すくすく育ちすぎて、

祖父とのお見合いでは着物の影で膝をかがめて低く見せようと頑張ったらしい。

85愛と死の名無しさん2009-04-09 11:13:44

袷はともかく単とか薄物は喪服以外持ってないんですが、

揃えるとしたらまず何がいいでしょうか?

嫁入り支度じゃなく趣味で着るなら夏紬系とか高級浴衣が気楽ですが…。

88愛と死の名無しさん2009-04-12 10:14:49

>>85

袷があればいいんじゃないかと

もちろん単や絽の訪問着とかを揃えてもいいとは思うけど

結婚式で着ようにも、今はホテルとかだと冷房きいているせいで

夏でも袷を着る人が多いらしいので・・・

私はもう持ってるからもったいなくて着たけれど、

「どうしても袷の重々しさには負けるから、袷の方がいいかも」

と着付けの人に言われたくらいです

良い家のお客さんが多そうな帝国ホテルで着付けをしてもらったときでさえ

「単の訪問着まで持ってるなんてすごいですね」

と言われたくらいなので、袷がそろっているならOKなんじゃないかと思います

113愛と死の名無しさん2010-02-05 17:53:22

>結婚時に喪服以外の着物を揃えるなんて、どんだけ田舎大尽だよpgr

リアルでそう言う人に遭遇したら、

内心「ちょっとビミョーな育ちの人かな…」と思うかも。

都会・地方の関係なく、する家はするから。

114愛と死の名無しさん2010-02-05 18:55:02

>113

今でもするのか?!

50代の友人はみんな揃えて嫁いできてるけど、自分らの娘には

何も持たせてないって人ばっかなんだが。

115愛と死の名無しさん2010-02-05 20:54:14

>114

今でもじゃなく、今40代半ばの人が20代だった頃で

20年以上昔のことでしょう

116愛と死の名無しさん2010-02-06 00:52:12

>>114>>115

今時の一般的な嫁入り支度って、着物の占める割合は極少かも

着るものなんて、本人の趣味の領域になってるから

箪笥すら持っていかない人もいるし

しかし40代以上なのに

数枚の着物持っていく程度で田舎大尽呼ばわりは

やっぱり僻みと受け取られても仕方ないかw

そんな程度の用意も出来ない親御さん抱えて、本人も辛いかもね

119愛と死の名無しさん2010-02-06 15:12:50

たまに、着物を目のカタキにする人っているよね。

「なに着物なんか着てるわけ?pgr」って態度の人。

日本人なら和服をバカにするとは思えないので、

十中八九で在日認定している。

120愛と死の名無しさん2010-02-06 20:39:41

>>119

自分の周囲で着物pgr態度な人って、洋服でも洒落っ気がない人が多いかな。

そういう人って着物だけじゃなく、洋服姿でもスタイリッシュな感じの人を睨み付けてたりする。

121愛と死の名無しさん2010-02-07 18:49:50

>>120

洋服至上主義でエルメス持ってるのに

着物相手では負けた気がする==不愉快、ちゅーデブもいる

「あら、お母様のお下がり?」とか、あからさまな物言いをしてくる

残念だけど、岡重の新作だからw

122愛と死の名無しさん2010-02-07 19:33:36

>>121

岡重新作裏山!サロン夏号で寺島しのぶが着てたのが素敵だったのを思い出す。

「お下がり」は、トラブルよけの為に自前だけど「母のを借りてきた」で誤魔化す事もw

(群よう子も同じ事書いてたな〜)

でも、エルメスを和装に合わせてる人なんて幾らでもいるのに・・・

121が着物姿でボリードとか持って現れた日にゃ、その御婦人は憤死するんじゃなかろうかw

123愛と死の名無しさん2010-02-07 23:42:26

>>122

121ですが

そのデブ、着物は着てみたいらしいけど、

今更、後追いのように始める事に躊躇してる模様w

当然着付けもできないんで、毎回美容院頼みなのもハードル

そもそも、一から習って…なんて殊勝な気持ちもない

ちなみに、普通の反物であの身幅が取れるのかも疑問ww

そういう人も、着物は目の仇だね

126愛と死の名無しさん2010-02-08 13:12:43

あの〜

エルメスも岡重も持ってますが、

どこが嫉妬なんですか?

客観的に見て、>>123がいる環境は、エルメスがあろうが、岡重があろうが、品が無いじゃないですか。

エルメスも、岡重も、品の良さなんか作らないってことですね。

もちろん、ねらーというだけで、自分も品が無いことは、認めますw

そして、自分のエルメスも、岡重も、

ちっとも自分の品を良くしていないこともねw

127愛と死の名無しさん2010-02-08 15:25:45

>>126

品のいい環境って、たとえば?

言っとくけど、皇室の園遊会に毎年呼ばれるレベルでも

下衆は沢山いるよw

品性卑しからぬ人は、エルメスなんか持たない、ほしがらない

ま、私は持ってるけどさpgr

132愛と死の名無しさん2010-02-24 17:37:38

岡重は粋な感じのが多いし、エルメスと同格の物じゃないと思う。

133愛と死の名無しさん2010-02-25 01:22:03

>>132

よく嫁w

岡重にエルメスをあわせるなんて言ってるヤシは誰もおらん

122は「着物姿でボリード」と言ってるだけじゃん

他は両方「持ってる」と言ってるだけ

池沼に岡重とエルメスの格が理解できるのかい?pgr

134愛と死の名無しさん2010-02-25 09:53:47

>>133

合わせるとは言ってないよ。

両方持ってるって言う人が多いから、何でエルメスの引き合いに出すんだろうと。

ていうか、岡重って嫁入りの着物じゃなくて自分で稼いで買うものじゃないの?

135愛と死の名無しさん2010-02-25 10:15:21

>>134

アナタ話の流れが読めないんだpgr

発端は121

そして、着物を目のカタキにする人の話題だから

特にスレに沿った嫁入り着物の話である必要もない

要はエルメスくらい誰でも持ってる、威張るなよって事

最近は結納代わりにバーキン貰うって人もいるし

岡重、夏号だったかのキモサロで、母娘で誂えてる記事があった

娘に持たせたい親もいるんじゃないの?

136愛と死の名無しさん2010-02-25 10:36:04

>>135

ごめん流れで見てなくて「両方持ってる」ってとこだけにレスしてるから。

ていうか3週間前の話に流れって何?

139愛と死の名無しさん2010-02-25 19:27:03

自分は

色留袖二つ、黒留袖二つ、袋帯三つ、丸帯一つ

140愛と死の名無しさん2010-02-25 19:39:31

>>139

そのラインナップ、

逆に困りませんか?

145愛と死の名無しさん2010-02-27 00:51:12

>>139>>144

袋帯が足りないのでは?

あと2本は欲しいところ

191愛と死の名無しさん2010-09-21 23:40:47

個人的には、「昭和な小紋」というと、なぜか総絞りの着物を想像してしまう

もっさりしたダサさのせいか…

192愛と死の名無しさん2010-09-22 00:28:00

白っぽい、または派手な濃い色、目に痛いほどの深緑とか。

そこにエアブラシみたいな白やピンクのボカシ、レトロなバラ、洋蘭を想像する。

帯は絶対オレンジか真っ赤の名古屋。

蘭やバラの訪問着はあまり好きじゃないなあ。

小紋は好きなの多いんだけど。

193愛と死の名無しさん2010-09-22 09:39:26

>191

総絞りって野暮ったく見えるよね。

華奢ではかなげな人が着ると、似合うかもしれないけど。

>192

白地の〜、って美智子皇后が結婚間もない頃よく着てたね。

205愛と死の名無しさん2010-09-27 21:58:21

私も長羽織欲しいな。

旅行に行く時、半幅帯でも何とかなりそう。

さて、絽の着物を一枚だけ持たせてやるとしたら何がいいでしょう?

特にお茶をする家庭ではないです。

色無地、付け下げ、

あるいは裾がぼかしになっている無地(絵羽柄になるから訪問着になるのかな?)

夏の茶会、観劇、レストランウェディング位に使えればと思っています。

206愛と死の名無しさん2010-09-27 22:04:23

>>205

洗える絽の色無地

2072052010-09-27 22:21:35

>>206

なるほど。薄い色目をと思っているので、

着る度にクリーニングにだす事になりそうですものね。

「洗える」というのはポリですか?

襦袢地にあるような「洗える絹」の着尺もあるのでしょうか?

208愛と死の名無しさん2010-09-27 22:30:43

>>207

ポリだよ

ていうか色目とか決めてるけど本人の好みは無視?

2092052010-09-27 22:47:39

>>208

そうですね。娘の存在忘れてました。

若い人の色無地は薄い色→中年期に染め替え

という図式で考えていました。

ポリなら好きな色を選ばせればいいですね。

縫い取りの一つ紋でもいれておこうかな。

参考になりました。有り難うございます!

210愛と死の名無しさん2010-09-27 23:29:48

>>209

絹もポリも、夏物は中年期まで20年以上持つものじゃないから

最初薄くして染め替えとか考えなくてもいい気がする。

2112052010-09-27 23:52:36

>>210

自分自身が絽や紗を持っていないので知りませんでした。

寿命が短いのですね。夏の着物。

私もポリの絽が欲しくなってきちゃった。

絹と見分けのつかない物があるそうですね。

自分はおばさんになる今まで、盛夏の着物を着る機会がなかったけれど、

一枚は持っていたいな。と最近思います。

216愛と死の名無しさん2010-09-29 11:30:30

ポリの薄物の提案してくださった方ありがとう。

化繊って一段低く見てましたけど、

着物通の方たちも活用されているようですね。

ポリの紗の塵除けコートも便利そうで欲しくなりました。

娘の荷物には入れませんけど。(娘には必要最低限のものだけです)

218愛と死の名無しさん2010-09-29 11:41:24

>>216

ポリ信者だけど、絹より暑いけどポリエステルは家庭で洗えるってのがまじで最高。

中でも無地を勧めたのは、絽自体が模様みたいなものなので、柄によってはうるさくなるから。

243愛と死の名無しさん2011-05-28 23:58:15

>>241

240だけど着たくないなら買わなくていい。上から世代っていくつよwww

256愛と死の名無しさん2011-05-31 10:29:35

もってて良かった、持たされてよかったという人が出てこないこの場では

イラナイものは要らないと言う、押し付けもしない、それですべて解決

…理想的過ぎますかね?現実の方がどっかきしんでたり、無駄が多かったりするものだけど。

259愛と死の名無しさん2011-05-31 15:04:44

>>256

いらないのに持たされるってのも迷惑だけど

あげたかないのに持って行きたいってごね始めたら修羅場

260愛と死の名無しさん2011-05-31 15:22:47

>>259

いらないのに持たされるほうが幸せだと思った…

261愛と死の名無しさん2011-05-31 22:53:20

>>260

いらないのに持たされる=ツンデレ的な日本式親子愛、というわけではない。

262愛と死の名無しさん2011-06-01 01:09:57

>>261

それでも自分の育てた娘が嫁に行く年にもなって

ヤダヤダ買って買ってーウワーンなんて駄々こねるのを考えたら

そんな育て方を間違えたような娘を持つより

世間体とか様式美で着物を押し付ける母親を持つ方がマシな人生だと思うの

265愛と死の名無しさん2011-06-01 10:57:57

>>262

>世間体とか様式美で着物を押し付ける母親を持つ方がマシな人生だと思うの

押し付けるのが良い、という発想をまず捨てなさい。

買ってって言われれば買えばいい。

267愛と死の名無しさん2011-07-31 04:11:14

夏全開保守

268愛と死の名無しさん2011-08-10 22:59:50

親が買いたいらしく、なくてもいいんじゃないって言っても

半ば見せに連れられて諦めて買わせてしまった。

7歳以来、一切着ていない。成人式は出なかったし

大学の卒業式もスーツだったし。

旅館の着物でさえ怪しい着方なのに、どう換金しようか?

276愛と死の名無しさん2011-08-11 22:32:06

嫁入りの着物なのに

なんで未婚のときの話になるんだか。

277愛と死の名無しさん2011-08-12 00:39:01

>>276

独身のときに着ていた着物を結婚するときに持っていくのもOKでしょう?

もし生涯で1枚だけ着物を仕立てるとしたら、未婚のときも既婚のときも着れる

訪問着がいいということ。

あまり派手でないお宮参りや入学式のときに着れるような訪問着を仕立てておけば

かなりの回数着れる。

できれば帯にお金をかけてベーシックな金銀のもので留袖にも使えるようなものを

仕立てておけば、留袖の着物だけ仕立てれば、すでに仕立てておいた帯とあわせて

留袖一式になる。(もちろん小物も買い足さないといけない。)

喪服は仕立てなくていいと思う。親が夏に死んだら袷の喪服を持っていても着る機会が

ない。

278愛と死の名無しさん2011-08-12 01:00:12

>>277

ここ、嫁入りの着物スレだよ。

結婚に際して嫁入り道具として作る着物に関するスレで結婚が決まらない独身時代に

作る着物の話はスレ違いなんだけど。

しかも>>268が買い与えられた着物は訪問着じゃなくて喪服だし。

280愛と死の名無しさん2011-08-31 19:12:36

ひさしぶりにこのスレ覗いたけど…

アホ娘が結婚も決まってもないのに嫁入り道具として親に強請ろうと皮算用してるのか…?

288愛と死の名無しさん2011-10-02 16:30:04

>>280

嫁入りの着物が欲しい人っているの?

無理矢理持たせようっていう母親側の方が多くない?

291愛と死の名無しさん2011-10-05 21:55:59

>>288

ゆとりにぎりぎり引っかからなかった自分らの世代にはほとんどいないと思う。

一般庶民が嫁入りに着物持たせる風習はやめた方がいいと思う。

自分は着物好きだから嬉しいけど、同級生で着物好きなんか一人もいない。

皆、成人式の振り袖はじめ、訪問着、喪服、色無地などなど色々持たされているがしつけついたまま死蔵している。

桐箪笥まで親に買われたが邪魔でしょうがないという話も聞く。

着物いらなかったから車買って欲しかったとか、親の老後のために貯めておいてほしかったという意見ばかりだった。

しょっちゅうパーティーあるような金持ち(自分庶民なんでイメージは資産は億単位で年収2千万以上)以外の人間には無駄な風習だと思うんだけど。

今でも根強い地域ってどのあたり?

308愛と死の名無しさん2011-11-04 12:31:56

レンタルが一番かどうかは人それぞれなんじゃないの?

喪関係だからこそ自前という人もいるよ。

312愛と死の名無しさん2011-11-04 14:49:55

>>308

昔から喪関係の物は血縁者以外とはむやみやたらと貸し借りを

するものじゃないって考えもあるからそういう影響があるのかもね。

323愛と死の名無しさん2011-11-04 19:50:56

大学時代に風俗史を専攻していたんだけど、喪服を含めて

喪関係の物の貸し借りについては地域ルールによるかなと思う。

日本では昔から(飛鳥時代頃まで遡れる)死というものは穢れ

(この穢れというのは神道云々関係ない)として忌み恐れる対象で

それは死者だけじゃなくその家族血縁にまで及んだ時代もあったり

この穢れはうつるものとされていたから、一例だけど死者を出した家の竈で

煮炊きされたり家人が作ったものを口にすると穢れがうつるから、死者が

出たらその家の家人が作ったり竈での煮炊きは一定期間禁止とするような

(だからその間は庭で組の人が煮炊きしたり食事を運んだりする)地域も

あったり他だから喪服を含めて喪に関するものは貸し借りするものじゃないと

言われている地域があっても別におかしいことじゃないと思うけどな。

>>312さんの書きかたも悪かったのだろうけど、こういうことって

(特に喪関係)本当に地域によって考えかたが様々だからそういう地域も

あるんだぐらいに捉えたほうがいいんじゃないかなって思うよ。

柳田國男先生の風俗系著書とか葬儀の風俗について書かれている本も

あるから興味のある人は一読してみるといいと思う。

そうすると通夜や葬儀でこういうことをするのはこういういわれや風習の

名残なのかなとか目からウロコでおもしろいよ。

313愛と死の名無しさん2011-11-04 15:12:34

今喪服って言われてるのは、元々お祝い事用の着物なんだけれど。

昔からって、いつのこと?

315愛と死の名無しさん2011-11-04 16:03:48

>>312のレスのどこをどう読んだら>>313みたいに思えるんだろう。

不思議すぎる。

317愛と死の名無しさん2011-11-04 17:15:50

>>315

他スレで暴れていたただのいちゃもんづけだろうから

まともにつっこむとバカみるよ。スルーするといいと思う。

318愛と死の名無しさん2011-11-04 17:20:23

>>315がただのいちゃもんづけに見えるんだけど

他スレで暴れていたんだ

319愛と死の名無しさん2011-11-04 17:49:40

>>317>>318の暴れっぷりも見事w

332愛と死の名無しさん2011-11-04 23:00:17

少なくとも>>323の日本語は少し変

句読点があるべきところに無いし。

338愛と死の名無しさん2011-11-05 14:22:31

神社では死(喪)は穢れだよ。

339愛と死の名無しさん2011-11-05 16:43:45

>>338

適当な発言乙

340愛と死の名無しさん2011-11-05 18:12:50

神棚を置かない家がいかに増えているかわかるようなレスだな>>339

嘆かわしい限り・・・orz

341愛と死の名無しさん2011-11-05 18:34:21

神様はお前の心の汚さを嘆いてるよ>>340

342愛と死の名無しさん2011-11-05 20:00:30

>>340

神棚は必要ない。

345愛と死の名無しさん2011-11-29 09:33:38

話題をぶったぎって

先月、父の葬儀で黒紋付き着た。

母と姉と三人で。

私と姉の喪服は父方の祖母が生前買ってくれたもの。

結婚する時まで元気かわからん、目の黒いうちに、

と何かと買ってくれてた。

三年前の祖母の葬儀の時には着なかったんだけど、

何か感慨深かったよ。

看病疲れとかもあったけど、

きちんと見送ってあげれたと自己満足的な意味でも。

347愛と死の名無しさん2011-12-09 14:33:49

>>345

祖母の葬式では着なかったんだwww

355愛と死の名無しさん2012-03-17 08:07:47

>>347

喪主である長男嫁、実の娘(叔母)、が着なかったから、

次男筋の孫が着るとは言える雰囲気じゃなかったです。

あと末の孫だったんで祖母は目の黒いうちにと

結婚話がまだでしたが嫁入り着物を順次作ってくれました。

気持ちとしては確かに祖母の時着たかったです。

忘れた頃に話題蒸し返しゴメンナサイ

387愛と死の名無しさん2013-11-30 13:57:24

385の何だか安っぽい着物だな!!

柄が帯とも合わないぞ。帯が昭和チックのような気がする。

446愛と死の名無しさん2014-01-13 10:57:20

女紋にいちゃもんつけてんのは

嫁入り着物も持たせてもらえなくて

婚家で肩身が狭い貧乏おばさんの八つ当たりだろ

まともに相手するなよ恥ずかしい

447愛と死の名無しさん2014-01-13 12:51:02

>>446

何枚着物を持たされても、女紋の独自ルールは恥ずかしいと思う。

みんな女紋が貧しい風習ってことに気付かないの?

448愛と死の名無しさん2014-01-13 13:55:57

>>447

なぜ貧しいと思っているのか、ちゃんと論理立てて説明してください。

もしも、>>446さんの仰ることが正しければ、理由もなく「恥ずかしい」だの「貧しい」だの言わないでください。

453愛と死の名無しさん2014-01-13 19:39:57

>>448

>なぜ貧しいと思っているのか、ちゃんと論理立てて説明してください。

>もしも、>>446さんの仰ることが正しければ、理由もなく「恥ずかしい」だの「貧しい」だの言わないでください。

よその人?

関西の女紋の醜さや貧しさは実際に育った者にしかわからないよ。

私はこんなところに育ったを恥ずかしく思う。

455愛と死の名無しさん2014-01-13 21:20:40

>>453

生まれも育ちも、泉州です。

醜さや貧しさなんて、そんなものは全くありません。

うちの蔵の長持には、代々嫁入りしてきたご先祖様方の長持が並んでいます。

「女紋がないのは、最近の家の人や」って祖母からずっと言われて育ちました。

457愛と死の名無しさん2014-01-14 00:58:41

>>455

もしそれを何の疑問もなく受け継ぐのならそれでいいんじゃない?

伝統的な家すごいってほめちゃうよ。

恥ずかしいしあり得ないけど、そのことをあなたは知らずに育ってきた。

その程度のお家柄。

458愛と死の名無しさん2014-01-14 01:45:51

>>457

はあ・・・そうですか。

代官庄屋ですが、そちらにとってはその程度なのかもしれませんね。

まあ、これ以上は言いませんが。

とにかく「部落民」はやめてください

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする