【側室?】宮沢りえの淀スレ【正室?】

1日曜8時の名無しさん2011-06-17 00:02:37

今までなかったのが不思議

立てますた

3日曜8時の名無しさん2011-06-17 00:17:05

>>1おつ

日本史的には、側室の筆頭ではないかと思うが…たぶちワールドでは、正室でもなく妻ってことで。

4日曜8時の名無しさん2011-06-17 00:46:49

>>3

日本史的にも妻だという説あり。

佐竹文書に「両御台」という記述あり。

11日曜8時の名無しさん2011-06-17 20:41:05

>>4

大坂陣まで豊臣傘下にあった東国のいち大名家の文献にあったくらいで、

「説」といえるのだろうか。

茶々に関しては、後継者の生母であることから

「政所」に準ずる女人として「御台」の幅を少し拡大解釈して

少し持ち上げて書いてみた・・・程度のものなのでは。

>>8

間違ってタイプミスしちゃった?

正室は「東太后」だよね。

それに、9さんが書いてるけど

側室連の順番を推測できるのは醍醐の花見の輿の順番くらいなもんで

それ以前の時期の側室の順列を示すような史料は無いと思う。

>>9

「中宮」は、王朝時代の後宮制度のなかのことだし

(なんとなーく雰囲気的にそう思えばいいのかな?的には否定しないけど)

律令制度での三宮の総称をこじつけて、皇后と並立するような身分に

しちゃったようなことなので、

「関白の正妻が二人」というのとは少し意味が違うかと。

13日曜8時の名無しさん2011-06-18 00:17:31

>>11

その辺りが正解だよね

佐竹文書で「両政所」とでも記してあって、かつ、他の史料にも淀殿を指して正室扱い・正室呼びす

るものでもあるのなら、二人の正室確定だろうけど、「両御台」では、関白(太閤)正室と、側室では

あるが世嗣ぎの生母という二人の女人を並記するにあたって、単に順当な敬語を用いて表現した、と

いうレベルでしかないように思う

16日曜8時の名無しさん2011-06-18 01:32:25

>>11

妻とする学説があることはたしかだよ。

子どもっぽいと言われているNHKの公式にすら説明がある。

hhttp://www9.nhk.or.jp/go/faq/index.html

代表的な著書はこれ。

福田千鶴『淀殿—われ太閤の妻となりて』(ミネルヴァ書房,2006)

hhttp://www.minervashobo.co.jp/book/b49283.html

ところで,淀の方が側室だったという説の根拠は何なんですかね。側室

だと書いた同時代の文書はないと聞いたんですが。

>>14

出家する義務はなかったというだけのことでは?

江も秀勝の死後出家したわけではないでしょ。

17日曜8時の名無しさん2011-06-18 08:25:06

>>16

正室ねね=関白正室の慣例にのっとり、朝廷から従一位の高位を受け、北政所と呼ばれる

これは疑う余地のない史実。

淀がねねと同格の関白正室だったのならば、他の側室同様の無位なのが不可思議としかいいようがない。

史料も、ねねをは概ね同時代のどの史料でも「北政所」「政所」と関白正室の呼称で呼ばれるのに対して

茶々は「よとの内」「にのまる殿」「御袋様」「かかさま」などの呼び方が一般的で

御台だの政所だの呼ばせている史料のほうが数的には非常に少ない。

23日曜8時の名無しさん2011-06-18 11:18:30

>>16

>代表的な著書はこれ

・・とは言うが、福田氏の著書は比較的最近の出版でもあるし、

この人の説は素人さんに看破されるような脆さがある。

なかには「学説」というより「自己主張?」と思われるような論旨もある。

江についての著書も客観的な分析に賛同したい部分もあれば、

産んだ子についての考察等はひどく乱暴だったり、内容が玉石混淆。

取扱い注意な研究者の一人だと思っている。

>>18

歴史は勝者のもの。歴史は勝者によって書き換えられる。

という言葉はある意味もっともなことだと思っている。

しかし、>記録が全て破棄されて分析困難 というけれど

「記録が全て破棄」されているという確証もないよね?

記録が抹消されたから・・・を検証・分析困難の言い訳にすると

何も論じられなくなるおそれもあるよ。

>>21

そうなんだよね。

自分は寧々も茶々も時代を懸命に生きた女性だと思ってるし

別に側室だからといって人間的に下がるとかそういう認識もない。

ただ「江」のなかでの恋愛を絡めたあの展開にはすごく違和感が。

19日曜8時の名無しさん2011-06-18 08:53:21

>>17

徳川時代に権勢を極めた桂昌院(徳川綱吉の母、徳川家光の側室)

は孝行息子の綱吉が朝廷に工作してやっと「従一位」もらったけど、

あくまで「ご生母様」だからね。

彼女の場合は、実家は大名に取り立ててもらってるし。

関白の正室扱いと言うなら従一位もらわないと。

26日曜8時の名無しさん2011-06-18 12:46:16

>>17-18

茶々は「浅井菊子」として従五位下を賜っていたと記すものが多いです

ね。確証はないようですが。

>>23

福田氏の評価について

論点そらしたらいかんな。ある点の記述が誤りだったとして別の論点の

記述が誤りだという論拠になるのかね。

>>24

「妻」説は子の養育については茶々に任されていたというもの。茶々

が側室だったとすれば子の養育についてもねねが嫡母として上に立つはず

ですがそういう事実があったんですか。

27日曜8時の名無しさん2011-06-18 12:58:24

>>26

側室だからと言って正室に養育権を取り上げられることはないと思うが。

豊臣の家風は知らんけど。

北政所が浅井以上の大名の姫君なら「北政所と淀が同格」なんて言う人は

いなかったんだろうね。

実子に恵まれなかったばっかりに「北政所と淀が同格」なんて説が400年以上

たって唱えられて、北政所様がかわいそうだよ。

29日曜8時の名無しさん2011-06-18 15:51:11

>>26

菊子の話は伝承の域を出ないが、

たとえ淀が従五位下であっても関白正室としては不十分で及ぶべくもないな。

従一位(生前貰える最高の地位。太政大臣、摂政・関白・摂関夫人相当。

江戸幕府将軍でも全員は貰ってない)であるねねと、

従五位下(国司程度・江戸時代には石高十万以下の外様小大名の地位)

を同格だと思う?

跡取りをたとえ側室が育てたとしても側室は側室だよ。

秀忠生母が家康の正室になったり、家綱生母が家光の正室になったりしないから。

秀頼に関しては、幼少期にねねを「まんかかさま」と呼び、

元服にねねが付き添ったり、千姫との婚礼にもねねが同席したり、

徳川家康との二条城対面では保護者を務めたりと、

あきらかに嫡母であるねねが関与している。

31日曜8時の名無しさん2011-06-18 19:17:15

そりゃあ、事実上は第二夫人だわな

それを否定してる奴はいないんでは?

問題は「側室ではない。(事実上だけでなく、形式上も)正室だ」と言い放ってる奴ら

32日曜8時の名無しさん2011-06-18 21:03:01

>>31

「第二夫人」と認めるということは妻だと認めることになるのだが。つまり,

妾ないし使用人ではなく,配偶者が複数いるということ。

なお,「正室」と「側室」に二分してそのどちらかというより,その中間か

もしれないという気もしてきた。公家や江戸時代の武家みたいに正室と側室の

区別が明確ではなかったかもしれない。

41日曜8時の名無しさん2011-06-19 09:37:28

>>32

側室=使用人というのは酷い話だな。

しかし、ねね=正室、淀=第二夫人だとして、

京極龍子や三の丸殿(信長息女)、加賀殿(前田利家息女)は何に該当すると思うわけ?

彼女たちもけして妾や使用人などではなく「豊臣の妻」だろう。

醍醐の花見の話でも北政所が別格なのはともかく、淀とそれ以外の側室との間に酷い序列が有ったようにも見えないしな。

淀と竜子が盃取りあい、決着つかなかった話なんて(前田家のまつが盃をおさめた話になっている)、

「あんた、ちょっと、跡取り産んだからって威張ってるけど、本当は私たちと同じ側室じゃん」

みたいな話だし。

50日曜8時の名無しさん2011-06-19 20:26:18

>>32

>>31は「事実上」ってあるから、少し違うんでない?「史実的にはともかく、正室も側室達も全

てひっくるめて『秀吉の女(=妻たち)』と捉えれば、淀は北政所に次ぐ二番目には違いない」

って意味にしかとれないけどな

でも、中近世だと形式上・制度上どうだったかってのが大事だったろうし(今だってそうなのかも

…)

側室が家族でなく使用人扱いだったっていうのを「酷い」という感想で捉えるレスが散見される

のも、なんか現代的だなぁ

シエの脚本家とあんまり変わらないね

34日曜8時の名無しさん2011-06-18 23:53:18

「太平記」での宮沢りえは側室以下のゆきずりの白拍子(藤夜叉だっけ?)役だったんだよな

時の流れを感じるわ…

36日曜8時の名無しさん2011-06-19 00:46:35

>>34

直冬(りえが産んだ子)の立場って、保科正之と思いっきりかぶるよね。

母親が正式な側室でないため、公では親子の名乗りができなかったっていう…。

どっちも将軍の子供だしw

40日曜8時の名無しさん2011-06-19 09:21:05

同様の例は信長にもあったじゃん。

正式な正室は帰蝶だけど、吉乃も実質的に正室として遇されていた。

44日曜8時の名無しさん2011-06-19 11:29:44

>>40

最近になっても生駒氏を正室同然とか書く作家やライターが居たら

「ああ、武功夜話への注目度ががぜん高くなってた頃、

遠藤周作さんなんかも小説で生駒氏を重く描いてたりしてたし

大河「秀吉」でもそんな感じの設定で脚色してたので

一時そう書くことが流行しましたよねー」

・・・ってふうにしか思えない。

>>41

杯争いの話は前田家の文書にしか出てこない。

「芳春院様ヨイショ」のために書き残され

少し創作がかっているのでは?なんて疑問をもってます。

42日曜8時の名無しさん2011-06-19 10:28:26

現実の淀殿の待遇がどうだったのかはよくわからないけれど

風林火山の両津姫は側室だったが、正室に準じた重い立場として遇されて、

わざわざ輿入れという形をとってた

浅井だ織田だと普段から自分の身分を言い立てておきながら、侍女同然に非公式に

肉体関係作って

「側室じゃないもん!」って言い張ってるのがすっきりしないんだよなあ。

これって野合っていうんじゃないのか。言ってることとやってることが違いすぎて説得力がない。

45日曜8時の名無しさん2011-06-19 11:44:16

>>42

史実の淀殿は北ノ庄城落城から鶴松懐妊まで全く史料に登場せず、

鶴松懐妊時にどこにいたのか、いつ秀吉の側室になったのかは全く明らかではない。

正直、野合によって懐妊→側室という可能性も厳密には否定できない。

その場合は、大河のように「側室なんて私の身分に合わない低い扱いじゃない!」という意味ではなく、

逆に実家をなくした茶々が天下人秀吉の側室になれたのは大出世という意味でね。

風林火山は見てないので知らないが、正直、実家をなくしていた側室諏訪氏が

それほど重い扱いで武田家に迎えられたとは思えない。

彼女の死後、信玄の長男切腹により四男の脇腹だった勝頼に武田家がまかされたために、

母親の諏訪氏がもともと正室三条氏に匹敵する地位を信玄から与えられており、

勝頼は生まれながらに有力な武田の家督相続候補だったという小説が作られるのだろうけど。

46日曜8時の名無しさん2011-06-19 12:43:29

>>45

側室諏訪氏は諏訪大祝家という背景をもっているので

そうそう軽々しい扱いは受けていなかっとと自分は推測している。

ただ諏訪頼重女については、元より古府中に「人質」として

留め置かれていた説もあったかとは思うが、

中信での諏訪明神信仰と諏訪氏から派生した小領主との関係もあり

また信虎、信玄と諏訪社への寄進の篤さからみれば

武家領主としては滅んだ諏訪氏であろうと、粗略にはできまい。

けれど側室の諏訪氏についての史料は著しく少ないので

何年ごろに信玄の寵をうけ、何処に暮らしていたか等々は未だに不詳。

でも諏訪御料人は三条夫人に匹敵する地位を与えらてた設定の小説って

読んだことが無いな。

義信死亡時まで、あくまで勝頼は「諏訪四朗勝頼」だ。

(作中命名)湖衣姫大好きな新田次郎だってそこまで書いてはいまい。

>>42

両津姫の輿入れ描写は「大河ドラマ独自」の創作」だから。

57日曜8時の名無しさん2011-06-20 16:31:25

>>50

戦国時代で側室を「使用人」ととらえるのって早急だと思うけどね。

(2ちゃんでも、側室=使用人、と決めつける人も多いようだけど)

側室といってもまだ戦国時代では、国人領主の娘や親族衆の姫であったり

それなりに背景をもっていて、領地支配や家臣の掌握に役だつような例も

散見される。「御料人様衆」のような組織がある家もある。

ちなみに正室の存在位置を貶めてるんじゃないよ、

江戸時代のように奥向き御殿の気密性が強まって、

中級家臣の娘等々が「お女中」として集められ、

殿の目にふれたら閨に侍って子が出来て「お部屋様」に昇格・・・

というのとは段階が違う場合も戦国期にはまだあるのだから。

側室の素性が不詳のことの多い家康はともかく、秀吉の三の丸殿、摩阿姫

姫路殿等々、「使用人」なんて見方はしにくい女性は居る。

58日曜8時の名無しさん2011-06-20 18:46:11

>>57

使用人というよりも人質のような。

支配下に置いた家から人を預かってる感じ。

信長の側室はもともと織田家に仕えていた身近な人が多いけど、秀吉家康は仕事上の関係者とか他家の人が多いね。

66日曜8時の名無しさん2011-06-21 09:03:50

>>57

江戸城大奥はかなり特殊。

将軍の側室は「御中臈」の中から選ばれるが、これは大奥全体の女中の序列から見れば

中位くらい。将軍の手がついたり、子を産んでも基本的に御中臈のままだ。

皇族や摂家から迎えられる御台所だけが不動の将軍室であり、

将軍側室は基本的により上位の女中に仕えなければならない女中だった。

一方で、普通の大名家では大奥は置かれず、相変わらず戦国時代と変わり映えしない奥運営が行われた。

つまり、正室が直接奥の運営に携わっていた。

大名家から迎えた正室がいるが、都から身分ある中堅公家の息女が側室として「輿入れ」していた例も珍しくない。

60日曜8時の名無しさん2011-06-20 19:33:28

普通に「松たか子」って書けばいいのに・・・

>>58

後世の戯れ言で「秀吉の上淫、家康の下淫」とか言われるけど。

信長だって息子(信忠)の乳母とか未亡人好きな面もあったのになとは思う。

でも阿茶局の登用といいお梶(お勝)やお夏に大金を預けて管理させたり

かと思うと晩年に十代のお方様をもって可愛がったり、

家康は本当に色んな面で真の女性好きだったような気がする。

75日曜8時の名無しさん2011-06-21 22:01:49

>>66

江戸城大奥のことまで言い出すとスレ違いだけどさ

上臈に手がつく場合も多々あった例だと思うけどね。

右衛門佐とか大典侍とかお須免とか、その他いろいろ。

御次に手がついてから、お中臈にあがる場合もある。

何もお中臈だけが閨に呼ばれたわけじゃない。

それに大名家の奥向きも千代田にならって、奥をとりしきるのは老女。

主は正室であっても、差配をするのは老女や御年寄の仕事だよ。

81日曜8時の名無しさん2011-06-22 11:01:36

>>75

上臈に手をつけるのは約束違反で、たとえ手がついても側室にはならなかったはず。

お須免は本来、甲府藩主時代の家宣正室付きの側近女中として都から下り、

本来は家宣が将軍となると御台所付きの上臈となれるはずが、

懐妊してしまったので上臈扱いされず、江戸城での扱いは将軍側室である「お部屋さま」。

身分相応の上臈扱いしてもらえず、将軍死後は他の側室同様落飾となった。

ちなみに老女や御年寄は江戸城大奥の役職名で、大名家には存在しないよ。

形の上では大名正室が采配をしていた。

82日曜8時の名無しさん2011-06-22 14:36:30

松たか子って藤間たか子に改名したわけじゃないよね・・。

それとも、普通に藤間たか子って皆さん呼んでるの?

84日曜8時の名無しさん2011-06-22 17:30:07

>>81

しつこいなー蘊蓄の人

江戸城大奥については二百何十年もあるので

絶対にこうであった」とか言えない部分も多々あるのに。

将軍の手が付いた女もいるんだよ。調べりゃわかること。

>>82

94日曜8時の名無しさん2011-06-26 15:10:10

池上季実子がダントツ

95日曜8時の名無しさん2011-06-26 17:15:33

>>94

同意。

池上季実子さんの茶々が一番よかった。

姫らしい気品とプライドの高さが魅力的だった。

その時お市だった夏目雅子も最高のお市。

98日曜8時の名無しさん2011-06-27 02:30:30

>>95

うん、お市の方は夏目雅子(女神?神々しい美しさの時)、

茶々は池上季実子(新進売れっ子美人女優で演技力色気あり女優)で

凄く説得力あった。

秀吉の西田、おねの佐久間良子もみんな説得力あったから、

脚本の力か?

いかにもあざとかったり権力欲丸出しの淀殿は民放の大奥みたいで何か嫌。

「おんな太閤記」はおねはもちろん、淀殿も下品に描いてなくてよかったな。

それぞれの気持ちに共感できた。

鈴木保奈美や宮沢りえも最初は物凄く抵抗あったんだが、

最近は割とよく思えてきてしまう。

宮沢りえ、超化けるか?

103日曜8時の名無しさん2011-07-02 10:44:10

おんな太閤記の茶々は最期がかっこよかった

ねね主役にもかかわらず

松原智恵子の京極竜子はどの大河だっけ?

104日曜8時の名無しさん2011-07-02 20:16:18

>>98

「おんな太閤記」では「ねね」

>>103

それも「おんな太閤記」

108日曜8時の名無しさん2011-07-08 22:46:58

側室ではない厨て今となっては脚本家だけじゃね

260日曜8時の名無しさん2011-10-17 20:44:42

織田一族の中では生き延びた人間もいたおかげで

織田家自体は取り潰される事もなく何とか残ったみたいだけどね。

262日曜8時の名無しさん2011-10-18 00:12:49

>>260

そしてその血脈が某スケーターに受け継がれると

今更だけどドラマの淀が第20話で秀吉に進められた公家の万里小路との縁談を受けてたら

「義経」の徳子(天皇家に入内)みたいにヘンテコなおじゃる眉毛にさせられたのかな?

秀吉の妻妾になった動機が案外その辺りだったら・・・笑えるw

266日曜8時の名無しさん2011-10-18 23:55:39

>>262

正統織田家のご当主に、「彼が何者なのでしょうね」とか言われちゃう、

系図師のでっち上げた家系図(しかも幕末〜維新の当主は不明不詳www)

を拠り所にしてる、似非信長末裔なんて話題にするんじゃねーよ。

信成母「桔梗は明智の紋所。なので我が家では桔梗は活けないんです(キリっ)」

織田家末裔の方々「そんな話、聞いたことがありませんw]

269日曜8時の名無しさん2011-10-20 11:51:32

>>262

あの…

当時は本当は豊臣家だって徳川家だって、あなたの言う「ヘンテコなおじゃる眉毛」なんですけど?

265日曜8時の名無しさん2011-10-18 18:36:35

秀頼役の俳優、スケートの織田に似てないか

276日曜8時の名無しさん2011-10-23 00:16:45

>>265

言われてみればそうだね。

271日曜8時の名無しさん2011-10-22 06:36:23

>>269 昔の時代劇ではしっかり女性はおじゃる化粧していたね

更に昔の時代劇では男性もしていたが・・・

273日曜8時の名無しさん2011-10-22 10:40:02

>>262

>>271

「義経」の徳子は平家滅亡後にナチュラルメイクに戻ってたっけ

「功名〜」だと三谷義昭がお歯黒だったな

お歯黒と言えば島津四兄弟の祖父ちゃんなんかも

お歯黒とか化粧を欠かすなって言ってたそうだね。

…て事は、あそこもマロメイクかよorz

279日曜8時の名無しさん2011-10-23 17:19:29

深キョン淀より

若さと美貌で劣っても

演技は完勝だよ、りえ

さすが年輪の差

285日曜8時の名無しさん2011-10-24 13:25:01

最初から宮沢淀を主役にしておけば、ここまで糞大河にはなっていなかったであろう

295日曜8時の名無しさん2011-10-25 18:55:18

>>285

大河を知ってれば淀を主役にできないのが分かるだろう

296日曜8時の名無しさん2011-10-26 00:25:23

今の淀にこれほどピッタリとハマると思わんだ

何かが乗り移ったかのようなど迫力だ

関ヶ原〜大坂の陣だけなら小川、永作、深田を超えてるな

297日曜8時の名無しさん2011-10-26 00:49:46

>>279

史実の淀は22歳の息子に孫も二人いたぐらいで

享年47歳と「人生50年」といわれてた当事としてはもう良い年齢だったと思うから

今のりえぐらいの老け込み加減で妥当だと思うよ。

小川淀だと秀頼の母じゃなくて婆ちゃんの間違いだろ!?って感じだったが

さりとて秀頼の姉にしか見えないような若作り淀でも…なんか微妙と思われ。

>>295

女主役の大河では主人公の最期を自害とか殺されるとかバッドエンドに出来ない不文律でもあるのかな?

>>296

欣也家康・太賀秀頼はそのままで「葵〜」のリメイクが出来そうだね

298日曜8時の名無しさん2011-10-26 01:11:25

>>297

葵は好きだが、小川淀だけはイマイチだった

もしリバイバルできたら宮沢淀を基軸として三姉妹を再編成したら面白いかもしれない

津川家康 vs 宮沢淀 > 津川家康 vs 小川淀だな

↑こっちの方が絵になる

299日曜8時の名無しさん2011-10-26 01:24:12

>>298

欣也で「葵〜」脚本の家康は出来ないかな?

300日曜8時の名無しさん2011-10-26 01:40:36

>>299

やればオモロイな

現在放送の大河はあまり好きではないが、家康と淀のシーンだけは良い

(糞脚本を超えた演技、存在感、引き込む力)

305日曜8時の名無しさん2011-10-26 11:00:40

熱いぞ宮沢淀!どうしてそんなに熱いのだ!

306日曜8時の名無しさん2011-10-26 17:41:39

>>295

>女主役の大河では主人公の最期を自害とか殺されるとかバッドエンドに出来ない不文律でもあるのかな?

うん。

>>305

すごく熱いね。この淀なら大砲を撃ち込まれても和睦に応じると言いそうにないな。どうするんだろ。

356日曜8時の名無しさん2011-10-29 15:10:30

今回の『江』宮沢りえはNO1だよな!

ガリガリとスキャンダルで残念になったイメージがずっと残ってたけど

今は宮沢りえの演技を楽しみに見てるよ!

366日曜8時の名無しさん2011-10-30 19:38:38

今日の淀は凄い。鶴の打掛、母の強さ、迷い、誇り、見てください!!

382日曜8時の名無しさん2011-10-30 21:09:31

いけね

18才?の佐久間良子を忘れてたw

383日曜8時の名無しさん2011-10-30 21:19:35

これまでリアルタイムで見た時代劇での淀役のベストは「徳川家康」の夏目雅子だったが

宮沢りえは今回の放送で見事に並んだ。

来週の自刃に至るまでの過程で抜いてくれるかが楽しみでもあり、これで終わりなのが惜しくもある。

しかし宮沢淀だけでなく太賀秀頼・浜田幸村・武田治長には、もっと良い製作体制で演じて欲しかった。

384日曜8時の名無しさん2011-10-30 21:27:06

夏目雅子の淀は綺麗だったが、主役ではなかった。

今回のりえ淀は主役ばりのオーラ全開。

こんなに好意的に描かれた淀もなかったんでない?

400日曜8時の名無しさん2011-10-31 00:10:22

>>382

自分はまだ19歳だと言ってた「いのち」の三田佳子もお忘れなく

>>383

三谷幸喜が真田幸村を大河にしたいって言ってたから

実現した暁には彼ら(+北大路家康)のキャスティングでやっても良いかもね。

>>384

「春日局」の淀も良かったよ

426日曜8時の名無しさん2011-11-04 07:37:42

主人公の大事な姉ってことで、最近の大河では

いちばん良い描かれ方の淀だね

深田恭子の淀も可愛く、優しい性格になってたけど、ちょっとお馬鹿っぽい感じだったね

427日曜8時の名無しさん2011-11-04 11:38:15

あのほうれい線のせいで年齢以上に老けて見える。

428日曜8時の名無しさん2011-11-04 18:07:12

もっとまともな脚本で見たかった

綺麗だし上手いのにもったいない

429日曜8時の名無しさん2011-11-04 21:58:19

>>426

淀キョンは「もしアントワネットが戦国時代に生まれていたら?」

と言うif設定を投影したようなキャラ立てだったなw

>>427

昔の人は老け込むのが早かったから大坂の陣以降はあれで良いんだよ。

それより前はりえ似でそこそこ演技も出来る若手女優をキャスティングした方が良かったのかも知れないが。

>>428

他スレでも言われてた「美女いくさ」が気になって読んで見たけど

江の離縁された最初の旦那の元に戻ろうとするトンデモ展開を除けば

確かに話題になるのも分かる、そこそこ良作で淀の描かれ方も好意的で良かった。

あれを原作に田淵じゃないマトモな脚本家にシナリオ化して欲しかった。

「美女いくさ」自体は主役は江だけど後半は江視点の淀って感じだったから

「武田信玄」の大井夫人の幽霊みたいに江の幽霊が現れてナレーション、

番組の終わりは「今夜はここまでにしとうございます」…とか、やったら面白かったかも知れん。

431日曜8時の名無しさん2011-11-05 12:02:54

>>429

「美女いくさ」は話題というか、大河化決まってから出された便乗作でなく

まあ一番最近に書かれた浅井三姉妹モノなので、

ついつい引き合いに出されているんだと思う。

(諸田玲子の作品だと、築山殿を描いた「月を吐く」のほうが秀作だし)

茶々をヒロインにしたもので秋山香乃の茶々三部作もあるけど、

作家自体が今ひとつメジャーになりきれないひとなので、

話題になりにくい点がある。

少し昔の作品なら、井上靖「淀どの日記」や、永井路子「乱紋」

杉本苑子「月宮の人」とかの作になっちゃうからな。

445日曜8時の名無しさん2011-11-06 21:26:18

>>429

りえ似の若い女優か…

探せばいるのかもしれないけど、仲里依紗がちょっとかするかな〜

瀬戸朝香が淀やった大河での少女時代役がそっくりで

良くみつけてきたと感心したわ

462日曜8時の名無しさん2011-11-07 09:13:38

あん時に貴と結婚してたら、こんな宮沢淀は見られなかったんだな・・・

どん底まで落ちたりえちゃんの底力を見た思いだ・・・

463日曜8時の名無しさん2011-11-07 10:06:30

>>462

うん、不謹慎ながら、この淀をみて、あの話が破談になってよかった と思えたよ。

三井のリハウスの美少女がここ迄演じられる女優になるとは感激だ。

顔だちどうこうについて言う人もいるけど、あのやつれ顔すら苦悩した淀に相応しい。

464日曜8時の名無しさん2011-11-07 10:50:30

あと江をやれば浅井三姉妹コンプリート。

こんな変な脚本じゃなくw、まともな宮沢江も見てみたいものだ

469日曜8時の名無しさん2011-11-07 14:15:04

淀・秀頼はじめ、豊臣家の皆さまに、乾杯!!

自刃の瞬間、しかと瞼に焼き付けました。

泣きました、半ば本気で殉死を考えました。

473日曜8時の名無しさん2011-11-07 21:36:15

思い起こせば「独眼流〜」の樋口淀が「太平記」で花夜叉を演じ(旅芸人一座の女主人)

そこの白拍子だった藤夜叉のりえが今年の淀役に選ばれたってのも何だか因縁めいたものを感じるな

>>464

江なら秀忠に嫁いでからをスタートにして欲しいな。

(少女時代からは流石に苦しいw)

「春日局」の初役では少女時代、今年の淀役は一生分と来て、

江では大人時代中心に演じさせればバランスも良さげ。

ふと宮沢江vs富田福と言うのも見応えがありそうだなと思った。

>>469

殉死と言えば武田治長もそうだが

人間の盾となって(とばっちりではなく)凶弾に倒れて行った侍女軍団にも泣かされたよ。

意外と過去大河での豊臣家滅亡でこう言う描写って少ないんじゃないかな。

476日曜8時の名無しさん2011-11-08 00:02:38

>>473

宮沢江なら秀忠はモックンが良いです

477日曜8時の名無しさん2011-11-08 10:13:37

宮沢&元木の組み合わせっていつからだろう?

西遊記からかな?

>>476

江の姉さん女房なんだけど、関係ないか

478日曜8時の名無しさん2011-11-08 11:40:23

>>477

単なる共演なら「太平記」の方が早い。ま、同時出演はないけど。

他にトレドラで何かあったかなあ。。。?

485日曜8時の名無しさん2011-11-08 19:02:06

>>477

元巨人の元木(大介)かと思ってしまった

486日曜8時の名無しさん2011-11-08 19:33:24

>>485

野球選手が大阪城を砲撃するのか?

495日曜8時の名無しさん2011-11-09 13:13:48

淀には信長の血が入ってるというのではなく

正確には信長と同じ織田家の血が流れているだろう

血縁関係ってそういう物だと理解してるが

そういう意味では秀頼の子供は凄い。

豊臣、徳川、織田、さらには浅井の血までも

499日曜8時の名無しさん2011-11-09 14:23:39

>>495

秀頼の二人の子、国松、天秀尼の母親は側女の成田氏なのだが・・・

501日曜8時の名無しさん2011-11-09 14:44:17

>>499

あ‥そういえばそうだった!

仮に国松が千の子だったらどんな処遇だったんだろう

504日曜8時の名無しさん2011-11-09 21:07:28

>>501

PHP文庫から出てる「千姫 おんなの城」では秀頼の側室の子は

首チョンパされた国松や天秀尼(この本では千代姫だった)以外に

石松丸って言う男子がいて、

それを千姫が自分の子だと言い張ったお陰で出家で済んだ。

ただこの本の秀忠は後半ブラック設定で

千姫が勝手な行動をするようなら闇に葬り去るぞ…的な脅しをかけている。

509日曜8時の名無しさん2011-11-10 10:28:30

>>504

PHPから出版の大河便乗小説って・・・・w 恥ずかしいよな

579日曜8時の名無しさん2011-11-26 00:32:22

580日曜8時の名無しさん2011-11-26 01:08:45

>>579

404Error.

613日曜8時の名無しさん2011-12-27 13:54:30

↑いいんだよ。外見の美しさという点ではもう既に十代で登りつめたんだから(未だ誰も越せてない)

これからは一層精神の成熟したりえちゃんがみたい

649日曜8時の名無しさん2012-01-23 01:45:56

池沼の粘着sageは見苦しい

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする